“書く”という仕事。

2014/09/08 | かづよ備忘録 | kazuyo

3

あるとき、書くことがイヤになった。
というか、書くことが恐くなった。
書けなくなった。

最後の方は自分の身を削るように言葉を紡いで、
疲弊しきって書くことから遠ざかった。

いろんな人に「身を削るように書いていると続かないよ」
って言われた。そんなの自分自身が一番理解していたけれど
どうやったら変えることができるのかちっともわからなかった。

書くことが楽しくてライターになったのに、
もうブログも書くことができなくなっていた。
本も、大好きだったネットサーフィンもしんどかった。
もう「文章」を目で追うのさえイヤになってた。

それから5年くらい経って生活に困ったからとはいえw
ライター 兼 編集という仕事に戻れるまでになった。

きっかけは、つい最近フリーランスでライターの仕事を引き受けたこと。
自分の中で不思議なことが起こって、大きな変化があった。

自分を削って言葉を紡ぐんじゃなくて、
他人の言葉の行間が読めるようになっていた。
ライターを現役でやってたときにできなかったことが、
急にすんなりできて、自分でもびっくりした。

現役でライターやってたときは、
「インタビュイーが言ったこと
 +地の文として自分の身を削って文字数を埋める」
ことしかできなかった。

自分の意見でもなく、調べたことを盛り込むのでもなく
言葉と言葉の間にある「話さなくても伝わるよね?」な部分を
あえて書き出す。

「インタビュイー と 読者」をつなげられるのは
ライターだけに許されたことなんだなと。

友だちと話してるのと一緒だなと。
なんか面白いことがあって、それを伝えるときに、
わかりやすく説明する。

でも、それがライターという職業になってしまった瞬間に
「ウソは書いちゃいけない」って、神経質になって
言われたこと、話してくれたこと、言葉にして発されたこと
以上のことが書けなかった。

だから、相手が はしょってる部分を
自分は理解してても誌面に書けなかったのだ。

ライターのお師匠さんに
「書きたいことがあるなら、ライターじゃなくて作家になれば? 」
ってよく言われた。

それは身を削るように文章を書いていたからなのだと、今はよくわかる。
相手がはしょってる部分を補完するのではなく、
相手が言ったことから推測して、自分の思っていることや
読者が求めていそうな結論を押しつけ気味に文字にしていたから。

お師匠さんに言われたことが、10年くらい経ってやっとわかった。
心にすとんと落ちてきた。
マヨたん、遅くなってすんませんw

前の記事:

次の記事:

2014/09/08 | かづよ備忘録

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

前の記事:

次の記事:

baserCMS プラグインのアップデートスクリプト
baserCMS プラグインのアップデートスクリプト

(参考) http://project.e-catchup.jp/pr...

kusanagi,baserCMSのドメイン変更手順
kusanagi,baserCMSのドメイン変更手順

baserCMSって書いたけど、cakephp2系も同じだと思う。 s...

baserCMS プラグイン・テーマの仕上げ作業
baserCMS プラグイン・テーマの仕上げ作業

プラグインとかテーマとか作って、 あーできたー、の後に最後にやる仕上げ...

no image
love-beer

諸君、私はビールが好きだ 諸君、私はビールが好きだ 諸君、私はビールが...

no image
原宿の床屋

世田谷区経堂すずらん通りの入り口。 それは、私が新潟の片田舎から上京し...

→もっと見る

PAGE TOP ↑