東京會舘「シェ・ロッシニ」のローストビーフ

2008/11/11 | かづよ備忘録 | kazuyo

ローストビーフ@東京會舘「シェ・ロッシニ」

日テレの未来創造堂で紹介されて、気になっていた東京會舘のローストビーフを食べに行ってきた。

東京會舘(@丸の内)の中には、レストランが2つある。2階にあるのがフランス料理の「プルニエ」。1階は(プルニエに比べれば)デイリーユースの西洋料理レストラン「シェ・ロッシニ」。

プルニエで出されているローストビーフは、霜降り肉を使ったゴージャスバージョン。1階のシェ・ロッシニで出されているのは、リブロースの国産赤身肉を使ったもの。

東京會舘さん曰く、「肉本来の旨みを味わうなら、シェ・ロッシニのローストビーフがオススメです」とのこと。たしかに、未来創造堂で“肉博士”呼ばわりされていた葉加瀬太郎氏も「赤身の旨さが……」と発言していたことから、シェ・ロッシニのローストビーフをオススメしていたと推測。

……で、シェ・ロッシニのローストビーフ。価格は、赤身肉のスライス2枚+ソースが3種類で、なんと驚きの4,935円! 一般OLのランチ1週間分の価格が一皿で味わえるという、なんとも感慨深い逸品である(泣)。

その日、最も状態のよい東北~北海道で育てられた国産牛のリブロースを仕入れ、ガスオーブンで3時間かけてじっくり焼き上げる。焼き上がった肉は、惜しみなく一回り削って成形。

焼く際に出た肉汁は、余分な脂などを濾して、チキンブイヨンと合わせてグレイビーソースにする。そのほかに、2008年の9月から新たに、和風ねぎソース わさび風味 と、黒胡椒クリームチーズソースが加わった。

さて。試食。

口に含むと、焼き目の香ばしさと、牛の本来的なケモノっぽい香り。舌触りは多少ざらっとするが、イヤな後のこりはない。赤身肉特有の筋っぽさはまったくといってない。脂身の部分が、口の中でとろけていく。

「そういえば昔、高級な牛肉ってこんな感じだったなぁ」という、懐かしいトラディショナルな味。牛肉本来の旨さがしっかりわかる。本当にいい赤身肉って、後味にかすかに酸味を感じるんだけど、それがちゃんとありました。

口の中でとろける霜降り肉がもてはやされる現代において、時代に逆行している感もあるけれど、古き良き赤身肉を味わいたいなら(そして、財布に余裕があるなら!)、いいかもしれない。

——————–

【東京會舘 シェ・ロッシニ】
千代田区丸の内3-2-1
03-3215-2123
営業:11:00~21:30(土日祝は11:00~21:00)/年中無休

前の記事:

次の記事:

2008/11/11 | かづよ備忘録

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

前の記事:

次の記事:

【baserCMS】toolbarを非表示
【baserCMS】toolbarを非表示

画面上部にひょこっと、[デバッグモード1]とか表示されるアレを削除、非...

[baserCMS]Router::connectが効かない
[baserCMS]Router::connectが効かない

baserCMSというよりCakePHPの話かも知れないんだけど、 c...

2017年9月 さくらのVPS、LAMP(CentOS7)、SSL、etcセットアップ
2017年9月 さくらのVPS、LAMP(CentOS7)、SSL、etcセットアップ

基本的にhideichiの備忘録です。 色んな記事を参考にしながら作っ...

[PHP]urlを指定してtitleとrssを抜き出すサンプル
[PHP]urlを指定してtitleとrssを抜き出すサンプル

URLを指定して、タイトルとRSSフィードURLを抜き出すサンプル。 ...

[baserCMS]CSRF対策によるエラーです。
[baserCMS]CSRF対策によるエラーです。

CSRF対策によるエラーです。リクエストに含まれるCSRFトークンが不...

→もっと見る

PAGE TOP ↑