ヴェトナム編:「ル・カプリス」でフランス料理を食す

2002/05/01 | かづよ備忘録 | kazuyo

ホーチミンの中心地から少し離れたトン・ドゥック・タン通り沿いにある『ル・カプリス』。

2

 ごく普通のオフィスビルの中にあるので、入っていく時ちょっと抵抗があるが、お店はサイゴン川沿いにあってロケーションも抜群。客層も落ち着いており、高級感がある。

2

夜になると、通りを走るバイクの群れが、光の川のようになる。昼も夜も、アグレッシブでパワーのある街であることがよくわかる。

値段もヴェトナムにしては高く、3人が各3品食べて、ワインを1本開けて$154でした。男の人と行ってしっかり食べたら、一人$70ぐらいは必要だろう。

3

写真では分かりづらいけど、すべてジャンボ・サイズ!
ポットパイは、サッカーボールほどの大きさがあり、ポットの中にはシーフードのあっさりとしたホワイト系のスープが入っている(もちろん具だくさん)。

2
エビのグリル

こちらのフランス料理はソースがベタベタとくどくなく、イメージよりあっさりした味わいになっている。素材の味を引き立てるような料理となっているが、日本に比べて魚貝が大味なのでちょっと残念な結果に…。

3
右はスズキのグリル

しかし、シェフの腕は確かだ。ヴェトナムでウマイフランス料理を食べたければ、ここは間違いなくオススメできる。

2

この後デザートを食べたのだが、ここでのオススメは何と言っても『バナナ・フランベ』。デザートは出来合いのものをサーブされるだけなのだが、このバナナ・フランベだけは目の前で作ってくれる。まさに、舌にも美味しく、目にも美味しい。

豪快に炎をあげてバナナをブランデーでフランベしてくれる。あつあつのバナナにこっくりとしたヴァニラ・アイスを浮かべて出来上がり♪なかなかオツなもんです。

自宅で作る時は、バナナをバターで焼いて焼き色を付けた後、オレンジジュース・レモン汁・ハチミツを加えてちょっと煮込んで作るんですけど(これと一緒にホットケーキを食べると超幸せ!)。また違った、高級感ある味わいでした。

ともあれ、単品で注文したのにも関わらず、前菜とメインの間には口直しのシャーベット(ライムシャーベットにウォッカをかけたもの。これもウマイ!)も出てくるし、女の子だからってバカにした態度をとらないし、一流の店であった。 

ま、ヴェトナム最後の晩餐だったし、このくらいの贅沢は許されるっしょ?!

前の記事:

次の記事:

2002/05/01 | かづよ備忘録

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

前の記事:

次の記事:

Coreserver に baserCMSを入れる
Coreserver に baserCMSを入れる

試した日:2018/4/15 baserCMS:version 4.1...

no image
20時間でそこそこ上手くなるための4ステップ

最初の20時間 — あらゆることをサクッと学ぶ方法 | ジョシュ・カウ...

初めてのクラウドファンディング初日が終わって
初めてのクラウドファンディング初日が終わって

初めてのクラウドファンディング初日が終わって、 パトロン1名様に出資し...

新サービス作りました!クラウドファンディングもはじめました!
新サービス作りました!クラウドファンディングもはじめました!

新しいWEBサービス作りました。 プレスリリース配信サービス:PRバズ...

【baserCMS】toolbarを非表示
【baserCMS】toolbarを非表示

画面上部にひょこっと、[デバッグモード1]とか表示されるアレを削除、非...

→もっと見る

PAGE TOP ↑